top of page
不倫慰謝料の減額に強い弁護士

不倫慰謝料の事で
こんなお悩みありませんか?

不倫慰謝料のことで このようなお悩みはありませんか? (1) (1).png
悩んだら無料相談へ.png
AdobeStock_571440014.jpeg
慰謝料の減額はプロへ!.png
当事者同士の不倫慰謝料の解決には注意
慰謝料減額における注意点.webp

感情のおもむくままに当事者同士だけで、

不倫慰謝料の話し合いをするのは

 大きなリスクがあり、決して得策であるとは言えません。

依頼によるリスクヘッジとは (1).webp
弁護士に相談するメリット1.png
弁護士に相談するメリット2.png
弁護士に相談するメリット3.png
弁護士に頼んだ際の比較.png
弁護士に任せた場合のメリット  比較.png
不倫慰謝料に強い弁護士にお任せください.png
背景.webp
リトラス法律事務所が選ばれる理由 (2).png
青数字1.webp

法律相談(初回)は無料0円

お金の心配をすることなく、安心してご相談いただけます
不倫慰謝料トラブルでお悩みなら、まずは無料相談をおすすめいたします。

法律相談料の心配は必要ありません.webp
青数字2.webp

安心の全国対応

日本全国どこにお住まいの方でも、ご相談・ご依頼が可能です!

ご依頼後は、電話・メール・郵送・オンラインを活用して、密に連携を図りながら問題解決にのぞみます。

日本全国どこへでも対応.webp
青数字3 (1).webp

安心の返金保証制度※

万が一、減額できた慰謝料金額分が弁護士費用よりも少なければ、その差額を返金いたします

ですので、費用倒れに終わることはありません。

差額をお返しいたします.webp

※不倫慰謝料を請求された側の場合。

※適用には諸条件がございますので、お気軽にお問い合わせください。

青数字4 (1).webp

来所不要でのご相談OK

電話・オンラインによるご相談が可能なので、遠方の方や忙しい方でも安心してご利用いただけます。

電話・オンラインで相談可能.webp
青数字5.webp

不倫慰謝料の解決実績が

豊富な弁護士多数

当事務所には、これまでに数多くの不倫慰謝料問題を解決してきた弁護士が多数在籍しております。

相手との交渉、訴訟対応などに長けた弁護士が適切に解決へと導きます。

不倫慰謝料に強い弁護士多数.webp
背景.webp
慰謝料減額の解決実績
慰謝料減額実績例1 (1).webp
  • 依頼者は、趣味を通じて知り合った女性と1年半もの間、不倫関係にありました。不倫発覚後、相手夫婦は離婚をし、その夫から弁護士を通じて慰謝料400万円を請求する裁判を起こされたため、 なんとか減額ができないか弊所の所属弁護士に依頼しました。
    担当弁護士が事実関係の調査を進めていった結果、慰謝料の請求者である不倫相手の夫が、不倫相手に離婚の財産分与を全く行っていなかったことがわかりました。 これは不倫相手が本来得られるべき利益を放棄している状態であり、それによって本件の慰謝料は相当程度支払い済みであることを理由に大幅な減額を主張しました。 最終的には、裁判官はこちらの主張を全面的に認め、80万円での和解が成立しました。 通常、すでに離婚が成立している場合、200~300万円の不倫慰謝料を支払う必要があります。 ですが、財産分与を理由とした、法的な減額事由を主張することで本件は大きな減額を達成しました。 どのような事案でどのような法的主張を行うことが利益になるのかの判断はとても難しいものであるため、 まずは弁護士に相談されることをおすすめします。
click矢印
20代女性.webp
  • 依頼者は、趣味を通じて知り合った女性と1年半もの間、不倫関係にありました。不倫発覚後、相手夫婦は離婚をし、その夫から弁護士を通じて慰謝料400万円を請求する裁判を起こされたため、 なんとか減額ができないか弊所の所属弁護士に依頼しました。
    担当弁護士が事実関係の調査を進めていった結果、慰謝料の請求者である不倫相手の夫が、不倫相手に離婚の財産分与を全く行っていなかったことがわかりました。 これは不倫相手が本来得られるべき利益を放棄している状態であり、それによって本件の慰謝料は相当程度支払い済みであることを理由に大幅な減額を主張しました。 最終的には、裁判官はこちらの主張を全面的に認め、80万円での和解が成立しました。 通常、すでに離婚が成立している場合、200~300万円の不倫慰謝料を支払う必要があります。 ですが、財産分与を理由とした、法的な減額事由を主張することで本件は大きな減額を達成しました。 どのような事案でどのような法的主張を行うことが利益になるのかの判断はとても難しいものであるため、 まずは弁護士に相談されることをおすすめします。
click矢印
60代男性.webp
  • 依頼者は、趣味を通じて知り合った女性と1年半もの間、不倫関係にありました。不倫発覚後、相手夫婦は離婚をし、その夫から弁護士を通じて慰謝料400万円を請求する裁判を起こされたため、 なんとか減額ができないか弊所の所属弁護士に依頼しました。
    担当弁護士が事実関係の調査を進めていった結果、慰謝料の請求者である不倫相手の夫が、不倫相手に離婚の財産分与を全く行っていなかったことがわかりました。 これは不倫相手が本来得られるべき利益を放棄している状態であり、それによって本件の慰謝料は相当程度支払い済みであることを理由に大幅な減額を主張しました。 最終的には、裁判官はこちらの主張を全面的に認め、80万円での和解が成立しました。 通常、すでに離婚が成立している場合、200~300万円の不倫慰謝料を支払う必要があります。 ですが、財産分与を理由とした、法的な減額事由を主張することで本件は大きな減額を達成しました。 どのような事案でどのような法的主張を行うことが利益になるのかの判断はとても難しいものであるため、 まずは弁護士に相談されることをおすすめします。
click矢印
50代女性.webp
  • 依頼者は、趣味を通じて知り合った女性と1年半もの間、不倫関係にありました。不倫発覚後、相手夫婦は離婚をし、その夫から弁護士を通じて慰謝料400万円を請求する裁判を起こされたため、 なんとか減額ができないか弊所の所属弁護士に依頼しました。
    担当弁護士が事実関係の調査を進めていった結果、慰謝料の請求者である不倫相手の夫が、不倫相手に離婚の財産分与を全く行っていなかったことがわかりました。 これは不倫相手が本来得られるべき利益を放棄している状態であり、それによって本件の慰謝料は相当程度支払い済みであることを理由に大幅な減額を主張しました。 最終的には、裁判官はこちらの主張を全面的に認め、80万円での和解が成立しました。 通常、すでに離婚が成立している場合、200~300万円の不倫慰謝料を支払う必要があります。 ですが、財産分与を理由とした、法的な減額事由を主張することで本件は大きな減額を達成しました。 どのような事案でどのような法的主張を行うことが利益になるのかの判断はとても難しいものであるため、 まずは弁護士に相談されることをおすすめします。
click矢印
AdobeStock_528047687.jpeg
相談から依頼までの流れ
依頼までの流れ.png
AdobeStock_571440014.jpeg
  • 依頼者は、趣味を通じて知り合った女性と1年半もの間、不倫関係にありました。不倫発覚後、相手夫婦は離婚をし、その夫から弁護士を通じて慰謝料400万円を請求する裁判を起こされたため、 なんとか減額ができないか弊所の所属弁護士に依頼しました。
    担当弁護士が事実関係の調査を進めていった結果、慰謝料の請求者である不倫相手の夫が、不倫相手に離婚の財産分与を全く行っていなかったことがわかりました。 これは不倫相手が本来得られるべき利益を放棄している状態であり、それによって本件の慰謝料は相当程度支払い済みであることを理由に大幅な減額を主張しました。 最終的には、裁判官はこちらの主張を全面的に認め、80万円での和解が成立しました。 通常、すでに離婚が成立している場合、200~300万円の不倫慰謝料を支払う必要があります。 ですが、財産分与を理由とした、法的な減額事由を主張することで本件は大きな減額を達成しました。 どのような事案でどのような法的主張を行うことが利益になるのかの判断はとても難しいものであるため、 まずは弁護士に相談されることをおすすめします。
慰謝料減額における費用について1.png
不倫慰謝料のことで このようなお悩みはありませんか?のコピーのコピー.png
bottom of page