top of page

不倫相手に慰謝料を請求したいのに、不倫相手の住所が分からない場合の対応


 不倫は密航的に行われる傾向があり、不倫相手と不倫された配偶者が知り合いなどでない限り、不倫相手の情報が分からないことはよくあります。

不倫相手の情報が分からない

 基本的には、請求すべき相手の名前と住所が分からなければ慰謝料の請求は困難であると考えられます。不倫相手の電話番号やメールアドレス、不倫相手の勤務先、LINEのID(IDを知ることは多くはないと思いますが)などの情報がある方が望ましいといえます。

 このような情報がある場合には、弁護士法23条の2に規定された制度である弁護士会照会という制度を利用し、弁護士が調査を行えば、不倫相手の情報が判明する場合があります。

弁護士会照会の概要

 弁護士会照会とは、弁護士が依頼を受けた事件について、証拠や資料を収集し、事実を調査するなど、その職務活動を円滑に行うために設けられた法律上の制度(弁護士法第23条の2)です(日本弁護士連合会弁護士会照会制度:https://www.nichibenren.or.jp/activity/improvement/shokai.html)。 

 弁護士会照会に対しては、回答すべき法的義務があることが裁判例および政府解釈によって示されています。

 この制度によって、不倫相手の電話番号やメールアドレス、不倫相手の勤務先、LINEのIDなどが分かっている場合には、照会先が保有している情報の種類により不倫相手を特定できる場合があります(調査が功を奏さない場合も残念ながらございます)。

 ただ、弁護士会照会は弁護士が受任している事件の調査に使うものであり、弁護士会照会によって情報を得ることそのものを目的とするご依頼は受けられません。

 弁護士会照会を利用する場合には、当事務所の規定に従った別途の手数料が生じますが、当事務所では、弁護士会照会を利用して不倫相手の情報を特定し、慰謝料請求を行っている実績があります。

ご相談時に不倫相手について保有している情報を確認し、弁護士会照会による対応の可能性も検討いたしますので、お問い合わせください。


関連記事

すべて表示

破産事件の種類

1 破産とは、裁判所での手続を介して財産関係を清算し、借金を免責、すなわち、ゼロにしてもらう手続です。しかし、単に破産といっても、実は、管財制度・同時廃止制度という二つの制度からなっています。今回は、管財制度・同時廃止制度という破産手続の二つの制度について解説していきたいと思います。 2 管財制度と同時廃止制度 破産手続とは、上記で述べた通り、裁判所での手続を介して財産関係を清算し、借金を免責、す

弁護士ほっとラインに掲載されました。

当事務所が弁護士ほっとラインに掲載されました。 当事務所が株式会社ベルクラインの運営する「弁護士ほっとライン」に掲載中です。 ▼掲載サイト 離婚・不倫慰謝料相談弁護士ほっとライン 債務整理相談弁護士ほっとライン ▼当事務所掲載中ページ 離婚・不倫慰謝料相談弁護士ほっとライン事務所ページ 債務整理相談弁護士ほっとライン事務所ページ 当事務所の詳細や解決実績などが紹介されておりますので、ご確認ください

石綿工場で働いていて健康被害に遭われた方

アスベストを含む建材の製造工場で労働していた方については、大阪泉南アスベスト訴訟で最高裁判所が判断を示しています。詳しく御覧になりたい方は「大阪泉南アスベスト訴訟」をご覧ください。この判断に基づき、国はアスベスト工場の元労働者やその遺族が提起する訴訟の中で、一定の要件を満たすことが確認された場合、和解して賠償金を支払うという方針を表明しました。 給付金の受給対象要件 被害者本人が昭和33(1958

Comentarios


bottom of page